News1st.jpは、PRでWebを味方にするネットPRサイトです。
News1stj[
トップ リリース一覧 ムービーレポート クローズアップ PR動画 お問合せ
ニュースリリース - シーメンスPLMソフトウェア
2009年4月27日

米カリフォルニア大学、シーメンスPLMソフトウェアから5,700万ドル相当のソフトウェア無償供与を受ける
~無償供与のソフトウェアは4つのキャンパスの研究および研修機構で活用~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、米カリフォルニア大学のCITRIS(Center for Information Technology Research in the Interest of Society)研究および研修機構に5,700万ドル相当のソフトウェアを無償供与すると発表しました。
シーメンスPLMソフトウェアのGO PLM(TM)(Global Opportunities in Product Lifecycle Management)プログラムによる今回の無償供与には、エンジニアリング・ソフトウェアをはじめ、カリフォルニア大学のバークレー校、デービス校、マーセド校、サンタクルーズ校の4つのキャンパスにおける指導員へのトレーニング、学生と教職員への学術的サポートが含まれています。

「この寛大な供与を受けることによって、当校の学生は設計スキルを向上させ、就職活動において優位に競争できるようになるでしょう。医療、輸送、製造、商業におけるさまざまなエンジニアリング上の課題に対する包括的なソリューションを、学生がグループ単位で探求していく設計プロジェクト・コースでこれらのソフトウェアを利用できるようになることを心から楽しみにしています」と、カリフォルニア大学バークレー校工学部部長のS. Shankar Sastry氏は述べています。

「シーメンスPLMソフトウェアのNX(TM)ソフトウェアは、あらゆる領域のエンジニアリング、建築、応用数学、物理学、地球物理学において多種多様なモデリングを可能にする有限要素解析、メッシュ作成、ビジュアライゼーションのための業界屈指のソリューションです。このたびの寛大なる無償供与に対し、シーメンスPLMソフトウェアに心から感謝申し上げます。CITRIS研究および研修機構に参加する4つのキャンパスの1,000人を超える学生、研究員、教授らがこの卓越したシステムの利用を心待ちにしています」と、カリフォルニア大学バークレー校機械工学部の教授でCITRISの理事長であるPaul Wright氏は述べています。

「シーメンスPLMソフトウェアは、教育機関をはじめ、当社のグローバル・コミュニティを通じて青少年や失業者の人材開発プログラムなどに大きな価値を提供することで、さまざまなパートナーシップの形成と育成に努めています。当社はこれからもCITRISと密接に協力して、CITRISがその高い技術レベルにあるエンジニアリング教育を基盤に、さらに優秀なエンジニアや技術者を育成できるように支援していけることを楽しみにしています」と、シーメンスPLMソフトウェアのプレジデントであるHelmuth Ludwigは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアとカリフォルニア大学との今回のパートナーシップの締結に尽力したシーメンス・コーポレート・リサーチのプレジデント兼CEOのPaul Camutiは、この新しい研究および研修機構はオープン・イノベーションを推進するというシーメンス全体の戦略が成功する実証の場でもあるとし、「2つの大きな組織が協力して研究し、もの作りを行って、イノベーションを創出していくと、その先に何が見えてくるかの一つの例であると言えます。協力の機会を広範囲にわたって広げていくという今回のようなパートナーシップに大きな可能性が見えていることを嬉しく思っています」と述べています。

GO PLMプログラムについて
シーメンスPLMソフトウェアのGO PLM(TM)イニシアチブは、ソフトウェア供与の総額で業界トップを誇ります。GO PLMイニシアチブには、アカデミック・パートナーシップや地域における生産性向上、青少年および失業者の育成、PACE(Partners for the Advancement of Collaborative Engineering Education)プログラムに焦点を置いた4種類のコミュニティ関連プログラムがあり、これらは補完し合う関係にあります。
GO PLMは、世界中で10,200ヵ所に上る教育機関で毎年約100万人を超える学生にPLM技術を提供しています。中学校から大学院工学研究課程まで、あらゆるレベルで利用できる形態で学校へソフトウェア供与を行っています。GO PLMプログラムやサポート対象となるパートナー、プログラムの詳細は、http://www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/about_us/goplm/index.shtml をご覧ください。

カリフォルニア大学について
カリフォルニア大学は、バークレー校、デービス校、アーバイン校、ロサンゼルス校、マーセド校、リバーサイド校、サンディエゴ校、サンフランシスコ校、サンタクルーズ校、サンタバーバラ校の10のキャンパスを抱え、世界に名立たる教育と研究機会を提供しています。学生数は22万人を超え、教職員数は17万人おり、150万人を超える卒業生が世界中で活躍しています。中でもバークレー校は世界的にも傑出した研究機関になっています。150を超える学科を擁し、ほとんどの学部が公立・私立の全米大学ランキングでトップ10に入っています。CITRIS(Center for Information Technology Research in the Interest of Society)研究および研修機構は、社会、環境、医療における差し迫った課題を解決すべくITソリューションを開発しています。ITを活用した官民合同の初の研究機構であるCITRISは、カリフォルニア大学の4つのキャンパス(バークレー校、デービス校、マーセド校、サンタクルーズ校)の学生と研究員が60社を超える企業の研究員と共に研究する場となっています。詳細については、http://www.citris-uc.org/をご覧ください。

シーメンス・コーポレート・リサーチについて
米ニュージャージー州プリンストンに本社を置くシーメンス・コーポレート・リサーチ(SCR)は、世界におけるシーメンスの技術研究開発拠点のひとつになっています。1977年の創立以来、同社は研究成果を実用に資するイノベーティブなソリューションやサービスに転換して、シーメンス全体の事業をサポートしています。さらに、カリフォルニア州バークレーを拠点に1999年、SCRの子会社として設立されたシーメンス・テクノロジ・ツー・ビジネス・センター(TTB)は、利益性の高いビジネスにつながる新しい技術の発見と製品化を専門にしています。SCRはシーメンス・グループに欠かせない役割を担っています。
シーメンスは世界190ヵ国に約46万人の従業員を擁し、960億ドルの売上高を誇る総合電機メーカーです。研究開発への投資額は世界5位、米国特許取得件数は10位にランキングされ、売上の75%は最近5年間に開発された新製品によるものです。
SCRの詳細については、www.usa.siemens.com/researchをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、590万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は87億ユーロ(予備的数値で未監査)を達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
NXおよびGO PLMは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。


【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:0066-3386-1032
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm

この資料は2009年4月21日に本社(米国テキサス州PLANO)およびカリフォルニア州バークレーより発表されたプレスリリースを翻訳したものです。

 

シェアする

Share

最新情報を Twitter でフォロー!

スポンサーサイト


スポンサーサイト